収入により生活レベルが変わります

生活をする為にはお金が必要です。
お金を得る為には労働をしなければ収入は入ってきません。
でも、労働内容によって収入が全然違ってきます。
アルバイトやフリーターなど、不安定な職の場合、ボーナスがない場合が多く、時給計算になります。
単純に自分自身の時間を売るわけです。
食費や支出を上手にやりくりしなければ、貯金もたまりにくい環境にいます。
お財布を気にしながらの生活です。
正社員になっても、働く会社によってはさほど差がなかったりします。
時間売りではなく、知恵を売る労働は、収入レベルが飛躍してあがります。
例えば、弁護士や税理士、司法書士など士業と言われる職業では、資格が必要になり、自分自身の知恵を売っていきます。
その為、収入面に余裕がでてきて、ほんの少し裕福な生活に変わってきます。

それでも、本人が病気をしてしまった場合、労働ができなくなってしまうので、収入の糸口が断たれてしまいます。
財布の中身を気にしないくらいのお金持ちになる人は、24時間という時間に縛られません。自分自身が働く労働以外の収入の入り口を持っています。
例えば、不動産の家賃収入であったり、本の権利収入であったり、株や為替の投資収入であったりします。
俗に言う不労収入と言われるものですが、個人の持っている力にどれだけのレバレッジがかけられるのかという発想ができる人は、お金持ちの道に近づきます。
例えば、インターネットを活用したネットビジネスもその一つです。
お金持ちを噛み砕けば、自分自身ができる道は意外にたくさんあったりするものです。

Copyright (C)2017収入に合わせた堅実生活のテクニック.All rights reserved.